スコット ペリーとは

スコット ペリーからのメッセージ

私の仕事は足りない鍵盤をあなたのピアノに加えることです。

英語の発音には日本語に存在しない音がたくさんあります。まるで鍵盤が足りないピアノのような状態です。鍵盤が足りなければベートーベンの曲は弾けないのと同じように、音が足りないまま英語の発音はできません。

私の仕事はこれらの足りない鍵盤をあなたのピアノに加えることです。英語を学ぶことに終わりはありませんが、発音にはあります。一度正しい音を習得すれば、それ以上の音というのは存在しません。

私の指導を受けた生徒たちは、アメリカ人に混ざって会話しても、アメリカ人が違和感を感じないレベルの発音、すなわち、日本人だと気づかれないレベルの発音を身につけています。

30年以上にわたる日本人に特化した英語の発音指導を通じて、日本語の発音とアメリカ英語の発音の違いを徹底的に比較・研究することで、独自の発音矯正方法、SPM(スコット ペリーメソッド)を開発しました。日本人の発音における弱点、改善方法を知り尽くしており、ユニークで的確な指導により短期間(平均3ヵ月)で発音を改善します。

また、これまで指導してきた何千人もの生徒の実際の音声により、その成果を証明できます。まずは、私の生徒たちの発音をお聞きください。

スコット ペリーの経歴

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)卒業

1986年、ボランティアで日本人交換留学生に英語を教えたことがきっかけで言語学、演出家への関心へ繋がり、発音指導者になるきっかけとなる。卒業後、当時の文部省に英語教師として日本に招かれ、熊谷市の中学校で英語を指導。

その後25年以上にわたり、日本語と英語の発音法を比較することで、日本人がどのようにすればネイティブのように話せるのかを明確にし、 25年以上にわたり、その方法を的確に指導するスコット ペリーメソッドを開発している。

近年、ハリウッド映画、ドラマなどで活躍する映画などでキーとなるような日本人の俳優専用のプライベート発音コーチとして、 発音トレーニングを行っている。

スコット ペリーが指導をしてきた
国際機関・教育機関

スコット ペリーが指導をしてきた
ハリウッド映画界

日本人俳優の発音コーチとして、映画などでキーとなるような大きな役を持つ俳優に発音トレーニングを行ってきました。
多くの才能ある俳優達がハリウッド進出を試みていますが、素晴らしい才能を持っていても英語の発音が足を引っ張ってしまいます。台詞のある主要な役には、完璧が求められるからです。
私は彼らが才能を最大限に活かせるように手助けをしています。

スコット ペリーが指導をしてきた
クライアントリスト

SEKAI NO OWARI - 個人依頼
柴咲コウ - ユニバーサルより依頼
菊地凜子 - ワーナーブラザーズより依頼
中村獅童 - 映画製作会社より依頼
麻生久美子 - 個人依頼
羽田昌義 - 個人依頼
西村和- 映画製作会社より依頼
岡田和睦(プロレスラー) - 個人依頼
47 Roninキャスト - ユニバーサルより依頼